抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

うつ病になった時の対処法

女性

抗うつ剤には、三環系、四環系、SSRI、SNRIなどの種類があります。自分に合うものを処方して長期間服用を続けることが完治への近道です。また抗うつ剤の他にも、医師とのカウンセリングも重要な治療法になります。

詳しく見る

市販されていない薬もある

診察

うつ病になった時に使用する薬は抗うつ剤ですが色々な種類があります。それらは市販されていないので病院で処方してもらう必要があり、医師の指示通りに服用することが大切です。またすぐに適切な薬が見つからないこともあるということを覚えておきましょう。

詳しく見る

うつ病の治療方法について

医者

うつ病の治療には、抗うつ剤が使われます。三環系、四環系、SSRI、SNRIなどの種類があり、それぞれ効果や効き目が異なります。発症に気付いたときにすぐに病院へ行き、適切な抗うつ剤を処方してもらいましょう。

詳しく見る

薬の作用の仕方

服用する女性

医師との相性が大切

うつ病は現代病とも呼ばれているように、かかる人が急激に増えている病気です。誰もがかかる可能性がある病気なので、適切な知識を持って置くことが大切でしょう。うつ病にかかっているとわかると、主軸となる治療法が抗うつ剤の内服治療です。うつ病になっている時には、脳の中で神経が伝達される時に必要とされる神経伝達物質の分泌が悪くなっていると考えられています。抗うつ剤はこの神経伝達物質の分泌を促し、正常な脳内の状態に近づける作用があります。神経伝達物質のひとつにセロトニンがあります。セロトニンは不安や落ち込みに関係している物資なので、セロトニンが正常に分泌されるようになれば、不安が強いという症状が改善されます。不安という症状は心の症状だと考えられがちですが、脳の環境に関係している症状の場合もあります。その時には脳内の環境を整えることで、精神的な不安を和らげることができます。直接、精神的な治療を行わなくても、セロトニンの分泌を促すだけで不安が解消することもあります。抗うつ剤はこのように脳に作用して効果を出すものが多く、服用を続けることで徐々に脳の中の環境を正常に近づけてくれます。神経伝達物質はセロトニンだけでなくノルアドレナリンというものもあります。これはやる気を出させる働きがあるもので、ノルアドレナリンが不足するとやる気が出なくて困るという症状となってあらわれます。抗うつ剤の種類にはセロトニンの分泌だけを増やすもの、ノルアドレナリンの分泌も増やす作用があるものなど、いくつかの種類があります。これらは症状によって使い分けをします。抗うつ剤はいくつかの種類があり、その時に起きている症状を基準にしてどの薬を使用するかを決定します。薬の選択は非常に重要で、うつ病の治療のメインはどの抗うつ剤を使用するのかということになります。難しいのは、同じような症状が出ている場合でも、同じ薬が最も効果があるとは限らないということです。その人の体質や、その時の状態によって適切な薬は変わってきます。また医師の判断によって処方される薬が変わってくるので、医師との相性も大切です。他の体の病気でもそうですが、それ以上にうつ病の場合には医師との相性で治療結果が変わってきます。うつ病の治療は自分に起きている症状を医師に伝え、それを元に治療方針が決められます。言いたいことが言えない間柄では適切な治療が行いにくくなります。もしも、診察を受けた医師に話しにくさを感じたり、どうしても性格的に合わないと感じたりした時には主治医を変更することを検討してみましょう。同じ病院に複数の医師がいる場合には、診察にくる曜日を変更するだけで主治医が変えられることもあります。クリニックなどで医師の変更が出来ない場合には、別のクリニックを受診してみるという方法があります。あまり頻繁に主治医を変更すると、治療が進まない悪循環になってしまいます。そのため、出来る限りは同じ医師の診察を受けることが望ましいと考えられますが、絶対に主治医を変えてはいけないという決まりはありません。しばらくの間診察を受けていて、どうしても納得がいかない場合には、別の医師の診察を受けてみると新しい発見があるかもしれません。

Copyright© 2018 抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】 All Rights Reserved.