うつ病の治療方法について|抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

うつ病の治療方法について

医者

治療における薬の効果

うつ病の主な原因は、ストレスの蓄積、脳内の急激な変化、体質の三つです。特にストレスの蓄積は原因の中でも大きな割合を占めるものです。親しい人の死や人間関係、仕事や恋愛の悩みなど些細なことからストレスが心を蝕み、うつ病を発症してしまうことがあります。うつ病を発症してしまった場合、自力で完治するというのは大変難しいので、すぐに病院へ行くことが必要です。心療内科や、総合病院の精神科などを受診しましょう。外的な傷がない精神疾患なので、専門医に診てもらうことが必須になります。このような場所へ行くのに抵抗がある人も多いですが、精神科や心療内科は怖いところではありません。現代は心に何らかの傷や疾患を抱えている人は多いですし、プライバシーはしっかり保護してくれますので、安心して受診しましょう。治療を開始するにあたっては、抗うつ剤と呼ばれる薬を処方されることがほとんどです。抗うつ剤は自分で購入することは出来ませんので、必ず病院で処方箋をもらいましょう。抗うつ剤を服用することで、うつ病によって現れている諸症状を緩和させ、心をコントロールすることが可能になります。ただし、飲み始めてすぐに効くものではなく、長期間服用を続けることで少しずつ効き目が現れるものなので、まずは根気強く服用を続けることを目標にすると良いでしょう。なかなか症状が改善されないと焦ってしまうこともありますが、しっかり服用を続けていれば、関らず完治に近づきます。また抗うつ剤には様々な種類があり、医師が一人一人に合ったものを処方してくれます。抗うつ剤の種類には、三環系、四環系、SSRI、SNRIなどがあります。それぞれ効果が異なるので、特徴をある程度覚えておくと良いでしょう。三環系は、歴史が一番古い抗うつ剤です。ノルアドレナリンと呼ばれる物質の分泌を促し、意欲や、やる気を向上させる効果を持っています。四環系は、三環系より歴史が浅い新しいタイプで、三環系の効果を保ったまま、より副作用が少なく体に優しいものを、というコンセプトで開発されました。そのため、三環系の服用によって副作用が強く現れてしまった場合などに処方されます。効果は三環系と同じく、意欲の向上がメインとなります。効き目がゆるやかなので、長期間の服用を必要とします。SSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、と呼ばれる抗うつ剤です。心を安定させる作用を持ち、最近では最初にSSRIが処方されることが増えてきました。落ち込みや不安などの症状が現れている場合に良く効きます、逆に、三環系や四環系のような意欲を向上させる効果は薄いという特徴があります。SNRIは、三環系、四環系、SSRIの作用を全て持ち合わせたタイプです。意欲の向上を始め、不安や落ち込みの気分を改善させるという効果も持っています。このように、抗うつ剤の種類によって、効き目が大きく異なります。適切なタイプを処方してもらうためにも、カウンセリングにて、現れている諸症状や不安なことはしっかり医師に伝えるようにしましょう。抗うつ剤を服用しながら心をコントロールし、うつ病を克服しましょう。

Copyright© 2018 抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】 All Rights Reserved.