うつ病になった時の対処法|抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

うつ病になった時の対処法

女性

治療に必要なもの

抗うつ剤は、うつ病の治療に使われる薬です。様々な種類があり、効果も種類によって異なるため、自分に合ったものを使うというのが大切になります。自分に合う抗うつ剤を処方してもらうために、うつ病かもしれないと気づいたときに早めに病院を受診するようにしましょう。抗うつ剤の種類の中でも、最も歴史が古く、効果も強いのが三環系と呼ばれる種類です。意欲の向上などの効果がありますが、効果が強いため副作用もそれに伴って強く、人によっては便秘、眠気、のどの渇きなどの症状が現れる場合があります。これに配慮して開発されたのが、四環系と呼ばれる種類です。三環系と同じく、意欲の向上などに効果がありますが、効き目が緩やかで副作用が少ないという特徴があります。三環系で副作用が出たら四環系、または四環系でなかなか効果が現れない場合は三環系、と処方を変更することがよくあります。それとは逆に、SSRIと呼ばれる種類の抗うつ剤があります。これは、不安感や憂鬱感、倦怠感を解消させるという効果を持ちます。副作用が少なく、最も処方されるのが多い種類です。SNRIは、SSRIの効果に加え、三環系や四環系のような意欲の向上という効果も期待できる種類です。効き目は比較的ゆるやかです。以上の四つの種類が、代表的な抗うつ剤です。病院でのカウンセリングによって、現れている症状を伝え適切なものを処方してもらいましょう。症状によっては睡眠薬などの他の薬が処方されることもありますので、併用の注意点を守って服用を続けることが大切です。抗うつ剤の大きな特徴は、長期間の服用によって効果が現れるという点です。一度飲んだけれど症状が改善されない、と焦る必要はありません。指示された量をきちんと飲み続けることで、少しずつ心のコントロールが出来るようになってきます。効き目がなかなか現れないという理由で、勝手に飲む量を増やしたりすることは危険です。必ず医師の判断に従いましょう。そして症状が改善されていくに連れて、処方される薬の量は少しずつ減っていき、最終的には服用をしなくても良くなります。ここまで来たら、あとはカウンセリングの回数も減らしていき、最終的に完治させることが出来ます。ただ、うつ病というのはふとしたことで再発しやすいという特徴があります。また何らかのストレスや悩みを抱えて症状が出たときには、またすぐに病院へ行きましょう。再発した場合は比較的早く気づくことが出来るので、早めに治療を行うことですぐに治すことが出来ます。このように、うつ病の症状と上手に付き合っていくということが大切なのです。また、抗うつ剤の他にも、医師とのカウンセリングも重要な治療になります。初回は緊張してうまく話せないということもありますので、病院に行く前に悩みや症状などを紙にかいてまとめておく、という準備をしておくと良いでしょう。医師も分かりやすいですし、言いにくいことも簡単に伝えることが出来るのでおすすめです。また、抗うつ剤は病院でしかもらうことが出来ません。自己判断で服用すると危険なので、必ず病院で処方箋をもらいましょう。

Copyright© 2018 抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】 All Rights Reserved.