市販されていない薬もある|抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】

市販されていない薬もある

診察

薬を色々と試す必要がある

うつ病になった時に治療で使用する薬が抗うつ剤であり、うつ病に伴う症状を緩和する働きがあります。うつ病になった時にあらわれる症状には非常にたくさんのものがあり、それらは個人差が大きいという特徴があります。そのため、同じ抗うつ剤という名前の薬でも効き目には違いがありますし、対応している症状にも違いがあります。つまり自分の起きている症状に合わせた抗うつ剤を服用することが大切だということです。抗うつ剤を手に入れるためには医師の診察を受ける必要があり、医師が必要な薬を処方します。これはうつ病が簡単に治療できる病気ではなく、専門的な知識がなく薬を自己判断で服用すると危険があると考えられているからです。薬にはドラッグストアで市販されているものとそうではないものがあります。市販されているものは薬剤師の指導を受けて購入し、自分の判断で治療が行えます。これに対して市販されていない物は医師の診察と処方箋が必要です。市販薬出ない薬はそれだけ効果が大きい物が多く、副作用も強く出る危険があります。そのため、自己判断で服用量を間違えたりすると危険なため、市販されていません。抗うつ剤は市販されていない種類の薬なので、病院を受診して処方してもらう必要のある薬です。しかし市販されている薬の中には漢方薬を使用したものやサプリメントを使用したものなどがあり、そういった物を使うことで症状を緩和させられることもあります。効き目は穏やかですが、体に合うと症状が良くなることもあるので上手に使用してみると良いでしょう。うつ病の原因には色々なことが複雑に関係しているので、明らかな原因がはっきりとわからないことがあります。もしも、仕事のストレスなどはっきりとした原因がある場合には、原因となっていることを取り除くことで症状を緩和させることもできます。しかし原因がはっきりとしない場合には、現在起きている症状に合わせた抗うつ剤を使用することで、症状が軽減するように働きかける治療を行います。その際には起きている症状に適切に対応している薬を選びますが、効果が出るかどうかは個人差が大きくなります。またひとつの薬で全ての症状を抑えることは難しいため、いくつかの薬を同時に服用して、体に起こっている様々な症状に対応します。例えば夜に眠れないという症状がある場合には、寝つきが悪いのであれば寝付きを良くするタイプの薬を使用しますが、それが期待したように効くかどうかはわかりません。使ってみて初めて効果があるかどうかがわかるので、まずは試してみることが大切です。そして、効き目が強すぎると寝つきはよくなっても、朝に薬の成分が残ってしまい起きられないという状態になってしまうこともあります。こうなると薬が効き過ぎて生活に支障をきたしているため、薬の量を減らしたり、別の薬に変更したりする必要があります。このように症状ひとつを改善させるためには、試行錯誤を繰り返して治療をしていく必要があります。そのため、いくつかの薬を試すのに時間がかかることもあり、薬の効果が出るまでに待つ時間も治療には必要です。うつ病は抗うつ剤で治療できる病気ですが、こういった時間が必要だということも覚えておきましょう。

Copyright© 2018 抗うつ剤で症状を改善していく【セロトニンの分泌を促す】 All Rights Reserved.